クレジットカードの限度額について

クレジットカードはクレジット会社の立て替えによって後払いという仕組みになっています。
ですからもしその使用が利用者の支払い能力を超えてしまうと大変な問題になって しまいます。

 

そこで利用者はカード申し込み時に与信審査が行われ、
クレジットカード発行の可否、ショッピングやキャッシングの限度額が定められます。

 

しかしこの最初の限度額でずっと固定されるわけではありません。
当初は年齢、年収、職業等によるスコアによって限度額が定められるのですが、
利用実績によってカードの利用限度額は徐々に上がっていく仕組みになっています。

 

しかし一方ではこの限度額が下げられる場合もございます。それは返済が滞ったりした場合です。
あまりに悪質と判断された場合は退会させられることもあります。

 

ショッピングの限度額ですが、大体以下のものが一般的になっています。
一般カードの最初             5万~50万円
その後の利用実績で            50万円超~150万円程度
ゴールドカードなどランクの高いカード   50万~300万円程度

 

学生カードだと20〜30万くらいが一般的になっています。
(発行には親の同意が必要なため少し高めです)

 

ショッピング枠と共にキャッシング枠の限度額も同時に設定されます。
キャッシングで注意して欲しいのはキャッシングは借金と同じであるということです。
借り入れた時点から。返済日までの金利が加算され返済することが義務になっています。

 

キャッシングを利用したくないという方はクレジットカード会社に連絡を
すればキャッシングの枠をなくす事もできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ