海外旅行傷害保険の概要について

学生クレジットカードを作る上で気になるのは「海外旅行傷害保険」。
この海外旅行傷害保険の有無はどのカードにするか
決める大事な要因の一つとなっていると言っても過言ではないです。

また海外用のカードを作成するのは、特に珍しい事ではありません。
支払に関しては、海外ではカードが便利ですからね。

特に時間がとりやすい、大学生・学生のうちに海外旅行に行こうと思われる方も多いでしょう。
ただ、慣れない文化や制度ではどんな事が起こるかわかりませんので、
しっかりと海外での保険について内容を把握しておきましょう。

 

海外旅行傷害保険とは

 

学生カードにつく、海外旅行傷害保険の適用は広範囲に及びます。

例えば、病気になった場合の医療費や、商品や物を壊してしまった弁償費用、
他人対して何かしらの損害を与えてしまった場合の賠償金、etc..

とにかく、海外での怪我・病気はもちろん、海外で何かトラブルが起きたときの費用を補償してくれる優れた保険になります。
(故意または重大な過失がある場合などは受けられませんので注意)

 

海外は医療費が高い

 

日本では医療負担が3割と大変安く、また医療費自体が安いのですが、
海外だと事情はことなります。

盲腸の手術2泊3日で100万円、200万円はざらです。(特に欧米では)
治療費の他に救援者費用などを含めるとさらに高額になります。
AIU海外旅行保険について http://www.aiu.co.jp/travel/world/mocho/

この高額の治療費の話を聞きますと、万が一のトラブルのために
海外旅行傷害保険があると有り難いかということがおわかりなると思います。

 

どれくらいの額まで保険が補償が受けられるのか?

 

カードによって海外旅行傷害保険の有無、補償の金額は異なります。

学生カードで保険が付いているのは、
三井住友クラシックカード/アミティエ、楽天カード、ライフカード、ANAカードなどです。

金額につきましては学生カード大体同じで、以下の金額前後のようになっています。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高200万円

 

各項目の説明はこちらで説明しています。
海外旅行傷害保険の補償項目の説明

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ