海外旅行傷害保険の補償項目の説明

学生クレジットカードの特典である、海外旅行傷害保険。

海外旅行傷害保険の金額につきましてはどの学生カード大体同じで、
以下の金額前後のようになっています。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害   最高2000万円
傷害治療費用      最高200万円
疾病治療費用      最高200万円
賠償責任        最高2000万円
携行品損害       最高20万円
救援者費用       最高200万円

これらひとつひとつ海外旅行傷害保険の具体的な項目について説明します。

■傷害死亡:旅行期間中の事故によるケガが原因での死亡
ケース|交通事故にあって頭を強打したことで旅行中に死亡

■後遺障害:旅行中の事故によるケガが原因で後遺症が生じる
ケース|現地のプールで飛び込みに失敗し、
骨折。現地で治療を受け、帰国後も身体にマヒが残った。

*故意または重大な過失がある場合、妊娠出産等では受けられません

■疾病死亡:病気を発病し、死亡した場合
ケース|海外旅行中に肺炎となり、現地の病院で手当を受けたが、
旅行先で死亡した

■救難者費用:被保険者を捜索、救助または移送する活動に必要となった費用や、
救援者(被保険者の親族・その代理人。)が現地へ赴くにかかる費用

ケース|海外旅行に出かけた家族が旅行先で入院し、現地にかけつけることになったため、渡航費用が発生した。

■賠償責任:偶然の事故によって他人や他人のものに与えた損害に対する補償
ケース|海外旅行中に、お店に置いてあったものにうっかりぶつかって壊してしまい、弁償をすることになった。

■携行品損害:旅行中の持ち物が盗まれたり・壊れたりしたした場合の補償
ケース|海外旅行中に、カメラをうっかり落としてしまい、壊してしまった。

身の回りの持ち物が対象です。
*バッグ、カメラ、時計、衣類、旅券など

One Response to “海外旅行傷害保険の補償項目の説明”

  1. […] 各項目の説明はこちらで説明しています。 海外旅行傷害保険の補償項目の説明 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ