クレジットカード支払い時のおすすめの英会話について 買い物編

学生の皆さんが海外旅行の際に便利な事がクレジットカードの一つの魅力ですが、その際に使う英会話でお決まりのフレーズを一つ覚えておくだけでもっと使いやすくなります。

でここではクレジットカードを利用する際に覚えておけば便利便利でおすすめな英会話について解説していきます。

 

カードで利用する際の英会話

まず「カードが使えるか」と問い合わせる英語としては

「Do you take cards?」

もしくは

「Do you take credit cards?」

の何方かが一般的です。

cardsでも通じるのですが、デビットカードなど他のカードと勘違いされる可能性があるのでcreditcardsと聞くようにしましょう。

また「VISAは使えますか」など特定のカードの場合

「Do you take credit VISA?」

などtakeの後を変える事で対応できます。

そしてクレジットカードで支払うと言いたい場合は

「I’ll pay by the credit card」

のフレーズとなります。

 

むしろ「相手の言葉」を覚えておこう

 

クレジットカードの買い物を行う場合はこの二つのフレーズだけ覚えておけば問題ありません。

むしろ重要なのは相手がどう答えるかのフレーズを覚えておくことです。日本人が外国人に完全な日本語を期待していないように外国人も日本人旅行者に完全な英語など求めて居ません。

知っておくべきフレーズとしてまず

「How would you like to pay?」

があります。「支払い方法はどうしますか」になります。もう少しカジュアルな言い方として

「Cash or charge(credit)?」

と言い方があります。直訳すると「現金支払いかクレジット支払いのどちらにしますか」位の意味になります。

その後サインを求められる場合

「Could you sign here, please?」

と言われるので、指示に従ってサインをしましょう。

また「現金しか対応していません。クレジットカードは使えません」という場合は

「we only take cash」.

「We do not accept credit cards.」

になります。

もしカードが使えない場合

「Your card is not available.」(あなたカードは利用できません)

「I’m afraid this card have been rejected」(残念ながらこのカードは使えません)

と言ったフレーズが使われます。ちなみに「このブランドは受け付けていません」と言った場合

「 We don’t accept this card.」

となります。

その上で「別のカードはありますか」というフレーズとして

「Do you have any other card?」

になります。

その他にも色々なフレーズがありますが、基本的な場面であればこれだけ覚えておけば対応できるかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ