学生だけではなく社会人もあこがれるブラックカードについて 

クレジットカードは公共料金やETCカードでしか使わない、という人でも「ブラックカード」という名前は聞いたことがあるでしょう。

ここではクレジットカードの「ランク」とその最上位に位置するブラックカードについて学生・大学生のみなさまに解説していきます。

 

クレジットカードの「ランク」

クレジットカードには一種の「ランク」と言える物があります。

これはカード会社の「ステータスが高いカードを提供することでステータスが高く支払がよい優良顧客を囲い込みたい」という発想から生まれたもので、一般的にランクが高ければ審査が厳しく所有するのが難しくなります。

ただこの「上級のカードを提供する」という戦略はもともとアメリカンエクスプレスが始めたものですが、この戦略が先進国で成功した結果、他社も真似てプレミアムカード(ステータス性が高いカード)を乱発するようになります。

その結果「レギュラー(一般カード)よりサービスの内容が豊富で年会費が高い」程度のカードでもゴールドやプラチナを名乗るようになり、本来の「ステータスが高いカード」というメリットが薄れてしまいました。

そこで出てきたのが最上級のステータスと最上級のサービスを提供する「ブラックカード」です。

 

レギュラーからゴールド、そしてプラチナにブラック

一般的にクレジットカードと言われて思いつくのが「レギュラーカード」です。

これは通常カードとも呼ばれ、その会社の顔となりサービスも基本的な物がそろっています。年会費は無料、高くても数千円程度でカードに拘りがないという人や、クレジットカードをそこまで使わないという人であればレギュラーカードを一枚持っているだけで生活に困ることはありません。

レギュラーよりも高いサービスを提供するのが「ゴールドカード」です。サービス内容や会社にもよりますが、年会費は2000円代から5000円、高いものだと1万円を超えるものがあるといった具合です。

ゴールドカードも一応「プレミアムカード」ではありますし、年会費が高いものでは手厚い保険や優待プラィオリティパス、などがあるのですが、年会費が数千円、場合によっては初年度無料と言ったカードも多く「ゴールドカードを持っている」程度では正直ステータス感はありません。

年会費数千円のゴールドカードなどは「レギュラーカード+α」程度のサービスと割り切って保証額の割り増しや追加サービス、還元率を少し上げるといった場合も多いので「レギュラーカードより手厚いサービスを受けられる」カードと割り切るほうが正しいでしょう。

ですから優待などをよく使うという方はレギュラーよりゴールドをお勧めします。

因みに多くのゴールドカードはレギュラーカードと同じように申込制をとっていますが、一部のカードは「レギュラーカード利用者でも優良顧客」に対して招待を行う招待生をとっています。

こういった招待制のカードは年会費無料やレギュラーカードと同じ年会費でサービスのグレードアップなど「既存顧客に対して追加サービスを提供する」という事が多いようです。

このゴールドカードの乱立でステータス性が落ちた結果「もっとステータス性が高いカードがほしい」という需要がうまれ、それに対応するために発行されるようになったのがプラチナカードです。

年会費は安いのは2万円から3万円、そこから5万円代、高い物では10万円という物もあります。

高い保証と高い還元率、年会費が高いカードだとコンシェルジュサービスもつくなど高いサービスを提供しています。

プラチナカードが最上位という会社も多いのですが、年会費が比較的手ごろなプラチナカードというのも存在していますし、招待制ではなく申込で審査を受けられるカードもあるのでカードを選べば比較的取得はしやすい物もあります。

ただし年会費5万円や10万円と言ったカードは完全に招待制や、申込ができても審査が厳しいものなどが多いです。

プラチナカードまで行くと、富裕層に位置する方や相当クレジットカードのサービスを利用する方でもなければ実用性は正直あまりないです。

ただ前述の通り「手ごろなプラチナカード」というのも出回るようになり、「ステータス性」が相対に下がってしまいました。

そこで「最上級のステータス」を明確に打ち出したのが「ブラックカード」です。

これはアメリカンエキスプレスが初めて世に出したものですが、同じような乱立を避けるためにアメリカンエキスプレスでは「センチュリオンカード」と称しています。

その他の会社でもそれぞれ独自の名前でプラチナカードより上級のカードを提供していますが、カードデザインとして黒を基調としたものが多いので俗に「ブラックカード」と呼ばれています。

 

サービス内容は不明という事が多いが「最上級」

ブラックカードは基本的に招待制なのでサービスが公開されていないことが多いです。

しかし、ユーザーの口コミなどで漏れてくる内容は最上級のサービスばかりです。

たとえばコンシェルジュサービスでも、レストラン、航空券の予約から自社クレジットカードが使えないおいしいレストランを紹介してくれる、贈り物の依頼、すごいところではジェット機のチャーターともちろんできないことはありませんが「私設秘書」としてできる範囲の事は殆ど行ってくれると言われています。

またカードによっては「航空機、ホテルのランクが自動的にランクアップ」なんてサービスを提供していますし、ブラックカードの中でも最高級のアメックスではポイントプログラムで宇宙旅行や高級車がラインナップされているといわれます。

これ以外にも全体的に最高級の優待がセットされています。

 

年会費が高く招待制という事が多い

プラチナカードの中には自分で申し込めるカードというのもありますが、ブラックカードはすでに自社のゴールドカードやプラチナカードを利用している顧客に対して一種の招待状を送る形になるインビテーション制をとるのが一般的です。

また最高級ですから年会費も全体的に高く、元祖であるアメックスでは年会費30万円越え、それ以外でも10万円を超えるカードが多く、実質プラチナカードと同レベルと言われるJCBの最上級カードでも年会費は5万円程度となっています。

 

必要か?と言われると「人による」

このブラックカードですが、「本当に必要なのか」と言われると「人による」というコメントしかできません。

そもそも手に入れにくいというのも挙げられますが、ブラックカードとは「コスパ」や「還元率」「年会費分の元を取る」という目的で使うようなカードではありません

そのカードを持つという「ステータス」とそれに見合った「サービス」がセールスポイントであり、実用性というのは二の次です。

実用性という意味ではレギュラーカードでも十分ありますし、それじゃ足りないという人でもゴールドカード、どれだけ使い込む人でもプラチナカードで十分です。

そういった意味でブラックカードは本当に「ステータス」を求める人が使うべきものです。

 

まとめ

クレジットカードにはレギュラー、ゴールド、プラチナ、そしてブラックと一種のランクがあります。ただ、残念ながら学生にはもてるものではありません。

ブラックカードは最高級のカードで基本招待制、サービスも最上級で年会費も高いという最高のステータスを求める人のためのカードです。

ですから実用性という面ではプラチナカードやゴールドカードの方が上です。

そういった意味で本当のステータスを求める人でなければ必要ないと言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ