「お金を借りる」サービス。キャッシングサービスについて

クレジットカードのメインサービスは商品代金の建て替えを行う「ショッピング枠」ですが、もう一つ「キャッシング枠」という物もあります。これは現金を借りることができるサービスであり、一種の「借金」です。学生・大学生の皆さんもこの点をしっかり理解して下さい。ここではキャッシング枠の基本などにいて解説していきます。

 

そもそもキャッシングサービスとは

 

端的に答えてしまえばキャッシングとは融資サービス、つまりローンの一種です。

そもそもクレジットカードのメインサービスは商品代金の一時建て替え、いわゆる「ショッピング機能」という物です。これは店が提供するサービスの代金をカード会社が一時的に立て替えて後日利用者に一括請求するという物ですが、このサービスを利用できるのはカード会社の加盟店のみとなっています。ですからブランドに加盟していない店などではクレジットカードは使えません。

しかし急な出費などで現金が用意できないとなるとカードが使えないのはこまります。そこでATMや銀行振り込みなどで現金を融資するキャッシングサービスを提供して、カードの利便性を上げているという訳です。

ちなみにキャッシングとは英語で「小口融資」全般を指す言葉なので、クレジットカード以外にでも消費者金融や銀行などが提供する融資サービスで同様の言葉が使われています。

 

キャッシング枠とショッピング枠の違い

両方とも「利用限度額」を表す言葉ですが、キャッシングは完全な「借金」でありショッピングは割賦、いわゆる「分割払い」という違いがあります。

まず法律的な扱いとしてキャッシングサービスは消費者金融などと同じ「貸金業法」の管轄になります。そのためキャッシング枠を利用する場合はショッピング枠とは別の審査が必要になりますし、設定額によっては収入を証明する書類の提出を求められることがあります。

一方でショッピング枠は「割賦販売法」が扱うことになります。これはクレジットカードのほかに分割払いなどを規制する法律です。割賦販売法でも利用額の制限や審査などを求められているので利用する場合は審査が必要です。

利用上の違いとしては、ショッピング枠は「商品代金の建て替え、その立て替えた代金の分割払い」がサービスなのでショッピング枠を設定しても現金を借りることはできません。ただし借金とは違うので一回払いであれば利息は必要ないです(分割払いの場合必要になります)。

現金を借りる場合ショッピング枠を設定する必要がありますが、こちらは借金なので一回払いでも利息を支払う必要があります。

 

必要なければ設定しなくてもよい

 

このキャッシング枠ですが、あくまでも「おまけ」なのでお金を借りるつもりがないのであれば学生・大学生の皆さんは、0円、つまり設定しないということも可能です。

キャッシング枠の設定しておけばいざいという時に便利というのは確かですが、利用するのであれば利息も必要になりますし設定するだけでも審査や追加での書類提出など面倒が増えるのも確かです。

ですからお金を借りる予定がないならキャッシング枠を設定しなくても問題ありません。

もちろんですが、後から必要と考えた場合追加で設定することも可能となっています。

 

海外でも使えるキャッシングサービス

 

使わないのであればそれに越したことはないキャッシングサービスですが、クレジットカードのキャッシングは海外ATMでも使えるというメリットがあります。

これはカード会社が提供するサービスではなく国際ブランド(VISAやJCBなど)が提供するサービスで、現地の提携ATMを利用して現地通貨でお金を借りられるという物です。

この海外キャッシングサービスは両替手数料の節約や現地でのトラブル対策などに使うことができるので、国内キャッシングとはまた別の使い方があります。

提供の有無や詳しい使い方などはそれぞれのカード会社によって違うので、興味がある方はホームページなどで確認しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ