クレジットカードのセキュリティ お店編

クレジットカードを利用する上で心配なのは不正利用です。
「使った覚えの内で請求が何十万円もある」と自分が知らないうちにカードを誰かに
利用されてしまうということが無いようにどういう点に注意すべきか
紹介したいと思います。

 

主にインターネット・オンラインショッピングの場合と、店頭でのショッピングの場合がありますが、
今回は店頭での買い物時にセキュリティで気をつける点を紹介します。

 

 

偽造カードをつくるスキミング

クレジットカード犯罪で最近増えているのが「スキミング」といわれ物です。
これは、読み取り機にカードを通してカードの磁気データをコピーして偽造カードを作り、不正に利用する手口のことです。

 

偽造したカードは、現金自動支払機から現金を引き出す、高額な商品を購入し現金かする、
などといった形で不正利用されてしまいます。

 

スキミングの具体的な手口は、
1 お店のレジにあるカード決済末端機に「不正読取り装置(スキマー)」を取り付ける
2 片手にすっぽり納まる小型のスキマーで、カードの磁気データをコピー

 

スキミングがやっかいなのはカード自体が手元にあるので、データをコピーされたことに気づきづらいことです。
ある日カード会社から送られてきた高額な請求書を見て初めてそのことに気付きます。

スキミング被害に遭わないために

スキミング被害に遭わないようするためには、ちょっと危なそうな怪しいお店で
クレジットカードを使って買い物をしないことです。

またカードをレジのカウンター裏にいってコピーされるなどないよう
しっかりと目を光らせることなど自衛する事が大事です。

 

カードが不正利用されたら

 

しかしどんな注意しても実際に不正利用を防ぐことは難しいのが現状です。
そこで大事なのは、不正利用されたことがわかった後の迅速な対応です。

 

1:身に覚えのない請求書が送られてきて不正利用に気づく
2:すぐにカード会社に連絡してカードの使用を止めて貰う
3:警察署にも紛失・盗難届を出す
届出の証明書類を必ずもらって保管。

 

不正利用に対する保険はクレジットカードごとにことなりますので、
しっかりと約款を読んでおきましょう。

*参考→クレジットカードの盗難・紛失保険

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ