クレジットカードを他人に貸すことについての危なさ

クレジットカードの不正利用というと「悪意ある第三者にカードを盗まれた」「スキミング被害やフィッシング詐欺に引っかかり情報を盗まれた」というのが一般的に思いつきますが、間違ったクレジットカードの使い方も不正利用の一種です。

それは現金化(ショッピング枠を悪用した取引)なども含まれますが「クレジットカードを他人に貸す」という事も含まれます。

ここではクレジットカードを他人に貸し付けることのリスクについて解説していきます。

 

そもそもクレジットカードとは何か?

「クレジットカードとは何か」という曖昧な問いに対しての答えは何通りもあるのですが、基本的に「カード会社が提供するサービスを受けるための会員証」です。

カード会社は「商品代金の建て替え」つまり利用者が現金を使わずに決済できるように、一時的にカード会社が代金を立て替えてあとから利用者から支払ってもらうというサービスを提供しています。

このサービスを利用するには申込をするだけではなく、入会の際に審査をうけてカード会社が利用上問題がないと判断した顧客にだけクレジットカードという名前の会員証が提供されると言う訳です。

この「サービスを受ける権利」と言うのは「審査を受けた個人、つまり名義人本人」のみに与えられるものであり、第三者にまた貸しすることができるものではありません。

ですから「第三者へのカードの貸付は禁止」という形でクレジットカードの貸し付けが禁止されていると言う訳です。

またこの貸付は仮に双方が納得している、家族間や友人間で支払は名義人本人が利用するという場合でも後述の理由で禁止されていますし、場合によっては逮捕、起訴される可能性もあります。

 

貸付を行うリスク

クレジットカードの貸付は上記の理由で完全に規約違反です。

ですから不正利用の場合でも保障は一切されません。

保険が少ないクレジットカードでもスキミングなどの不正利用については保障する規約が存在するのが一般的ですが、この補償はあくまで「善良な管理の元」で行われた行為が対象です。

盗難やスキミングなどの第三者による犯罪はもちろん、本人の不注意で紛失した場合でも気づき次第すぐに警察やカード会社にとどけるなど適切な対応をとれば問題ありませんが、例えば「管理が甘かったクレジットカードを家族が勝手に使用する」などの場合は補償の対象にならないことがあります。

当然ながら「本人了解の上で第三者にクレジットカードを貸し与える」というのは完全に悪意があると判断されるので、その結果不正利用された場合でも保障の対象にはならないのです。

また、貸し与える側と貸す側がどのような約束をしていたとしても支払の義務は「名義人」にあります。ですから「約束から大きく外れる使い方をされた」と言っても訴えることはできませんし、「使った人間に請求してくれ」という事も通じません。

これらのトラブルに合わなかった場合でも、他人への貸付は完全な規約違反なので利用停止処分や強制退会処分になる可能性が高いです。

 

最悪の場合詐欺罪も

不正利用は規約違反ですが、それが確実に判明するかというと微妙な部分もあるのは確かです。

実際問題として家族間の貸し借りや「支払は名義人が行う」と理解した上でのカードの貸し借りなどはトラブルが起きませんし、実際にクレジットカードを貸しつけた側が不払いを起こしたやカードが不正利用されたわけでもなければばれないかトラブルを起こさずちゃんと料金を払えば問題ない、という考える人もいるようでネットではそのような意見も見られます。

しかしこれは「規約違反だがばれないからいい」という意見であって、その結果不都合が起きてもだれも責任はとれませんし、仮に双方が納得して代金をちゃんと払ったとしても詐欺罪として判断され逮捕、起訴される可能性もありえます。過去には実際に逮捕され実刑判決となった事例もあります。

なぜ詐欺罪かというと「身分をごまかして商品を受け取った」という店側に対しての身分査証に当たるためです。

先に書いたようにクレジットカードは基本的に「サービスを受ける権利がある本人のみ所有することができる」ものですし、カード加盟店は「実際に所有者本人か確認する必要がある」という義務があります。

仮に貸す側と借りる側が納得して、利用代金もしっかりと支払ったとしても「店に対して身分を偽って商品を購入した」という問題は残るので詐欺罪となるわけです。

この実験は暴力団関係者がかかわっているので、家族間の貸し借りなどとは事情が異なるのですが家族間でカードを共用したいなら家族カードを使えばいいわけですし、クレジットカードを借りなければならない人間というのはまず信頼がありません。ですからトラブル回避も兼ねて、絶対にクレジットカードの貸し借りは行わないようにしましょう。

 

家族カードを使おう

もし家族間の利用であれば、貸し借りではなく家族カードの利用をお勧めします。

これは配偶者や家族に対して発行できる「子カード」であり、名義人が持っている本カードと同等の機能をもったカードを家族に渡すことができるという物です。

同等、というより「本カードのコピー」というのがただしく、限度額は同じ枠で使われますし保険や保証、ポイントサービスなどの特典などもほぼ同じように扱われます。

年会費は無料、必要な場合でも本カードより低いことが多いので「夫のクレジットカードと同じカードがほしい」と言った場合は家族カードを使った方がお得という事が多いです。

また変わった利点として「女性専用」など一定の条件があるカードでも家族カードであれば関係なく利用できるという事も挙げられます。

 

その他やってはいけないこと

クレジットカードを貸すという事はしてはいけませんが、ほかにもクレジットカードを売る、担保にするなどの行為も禁止されています。

借金の担保としてクレジットカードを渡すというのは通常の金融機関ではありえませんが、一部の闇金などでそういった被害事例が存在します。

また闇金の中には「クレジットカードの現金化」を掲げる企業がありますが、これも違法行為です。

その他にはクレジットカードの入会審査の際に他人の名前を使う、逆に貸すというのも「名義貸し」となるので禁止されています。

名義貸しもトラブルの原因となることが多いですし、反社会的勢力の関係者に対して名義を貸して報酬を貰うといった事件も存在しているので厳しく対応され刑事事件になることもあります。

 

クレジットカードの現金化について

名義人が行う不正利用としてカードの貸し借りよりも問題視されるのがクレジットカードの現金化と呼ばれる行為です。

これは一口に言ってもいくつか手口があるのですが「CDなど安価な商品を高額で売りキャッシュバックという形で現金を渡す」「高額な商品を買わせて一定価格で中古で買い取る」と言った手口でクレジットカードのショッピング枠を現金化する手口となっています。

この現金化も違法行為ですし、上にも書いたようにどのような理由であっても名義人が支払いを行う義務があるので最終的には現金化した以上の料金を支払うことになります。

この現金化を金利として見ると年利100%超えの暴利であり、現金化よりもキャッシング枠でお金を借りるか消費者金融でお金を借りたほうが確実に低金利です。ですからもしお金にこまっても手を出さないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ