学生クレジットカード盗難・紛失 保険と補償

大学生・学生クレジットカード盗難・紛失についてしっかり押さえておきたい知識

1紛失・盗難に気づいたら 直ぐにすべき行動
2万が一の盗難・紛失に対して 備えておくべき事
3保険や保証について

 

1・2を紹介した「クレジットカードを盗難・紛失したらすべき行動|備え」
続いてこちらでは保険や保証について説明します。

 

カードは不正利用されたか?

 

まずカード会社に連絡すると悪用がされていたかどうかわかり、
不正利用の有無でその後の対応が変わってきます。

 

■誰にも使われていない・悪用されていない
→利用停止処置。カードを再発行してもらう。

■誰かに使われた・悪用された
→盗難・紛失保険申請手続きに入る

 

不正利用が無ければ再発行して、カードが手に入ればこれまで通り使うことができます。

 

 

ほとんどのクレジットカードに盗難・紛失保険がある

 

 

問題は不正利用されていた場合です。ですが、心配は無用です

基本的にクレジットカードは盗難・紛失保険がついているので補償されます。
学生・大学生専用クレジットカードでももちろんそうです。
 

しかもカード会社に盗難・紛失の届け出を出してから、
さかのぼって60日前までの第三者による不正利用について保険で補償してくれます。

紛失・盗難に気づくのが遅れ、届けるのが少し遅くなっても
このように対応してくれるので、安心というわけです。

 

補償が受けられないケース  裏面のサイン…暗唱番号…

 

しかし、不正利用たいして補償がされないケースがあります。
それは、持ち主に不備があった場合です。
この不備というのは、大きく二つありまして
・クレジットカードの裏面の署名欄にサインをしていない
・暗証番号などをカードに記していた
この場合補償は受けられなくなる場合がありますので気をつけて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ