クレジットカードを盗難・紛失したらすべき行動|備え

「財布を無くしてしまい、中にクレジットカードも入ってる。」
「いつの間にか紛失・盗まれてしまった!」

 

財布に免許証やカードなどを重要な物を数多く入れ始めるようになった
大学生の方にとって他人事ではありません。

 

そこで、いざ自分の身に盗難・紛失が起きたときに何も知らないでパニックならないよう、
しっかり押さえておきたい知識

 

1紛失・盗難に気づいたら 直ぐにすべき行動
2保険や保証について
3万が一の盗難・紛失に対して 備えておくべき事

 

この3つを紹介します。
このページでは1と2について説明します。

 

 

クレジットカードの盗難や紛失に気付いたら すべき行動

 

1発行したクレジットカード会社に連絡
(三井住友、楽天etc…)
2最寄りの警察に盗難届を出す

→不正利用が無ければ再発行の手続き 

 

この二つの行動を取るようにして下さい。
特に1のカード会社への連絡は迅速に行いましょう。
連絡が遅れてカードを止めて貰うのが遅くなるほど、不正に悪用される確率が高くなります。
連絡先ですが、個々のカード会社によって異なります。
例えば三井住友VISAカードでは、「カード紛失・盗難受付デスク」
0120-919-456 24時間・年中無休で対応してくれます。

 

担当の方の指導に従って、応対すれば問題は解決します。
また使用しているカードが、金融機関のキャッシュカードと一体化クレジットカードの場合。
金融機関にも連絡しておいて下さい。(銀行のキャッシュカード機能を停止するため)

 

次に、警察・交番への届け出です。

クレジットカードが盗難にあったと考えられる場合には警察に盗難届を出す必要があります。
これは、万が一クレジットカードが悪用されていた時に、保証・保険で
被害額を支払ってもらうことができるようにするためにも必要となるからです。

 

 

2 万が一の盗難・紛失に対して 備えておくべき事

どんなに用心していても、無くすと無くしてしまうのが人間です。
重要なのは、紛失・盗難に遭ったことを想定したうえで備えておくべき事です。
まずは、迅速にカード会社に連絡するために備えておく事ですが、
普段持ち歩いている手帳や財布・携帯に「カード会社の連絡先をメモ」をする。
それもできれば複数枚を複数箇所においておきましょう。
今は、WEBで連絡先をすぐ確認する事ができますが、
スマホ・携帯のバッテリー切れなどすぐに調べることができない場合を想定して、
紙にしっかりとメモをしておきましょう。

One Response to “クレジットカードを盗難・紛失したらすべき行動|備え”

  1. […] 1・2を紹介した「クレジットカードを盗難・紛失したらすべき行動|備え」に 続いてこちらでは保険や保証について説明します。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ